• おすすめ証券会社総合ランキング
  • とにかく初心者におすすめのBEST3
  • ネット取引の手数料がお得BEST3
  • 実績豊富・歴史があり安心できるBEST3

SMBC日興証券

三井住友フィナンシャルグールプのSMBC日興証券。取扱うジェイリート商品の紹介をはじめ、利用者からの評判やサービスの特徴、手数料などを調べてみました。

SMBC日興証券のジェイリートの評判を徹底チェック!

SMBC日興証券を実際に利用している人からの評判がこちらです。

評判

ジェイリート以外にも取扱商品がたくさんあって、株式や投資信託などで資産運用している投資家が大勢いるそうです。どちらかと言えば、堅実に資産を増やしたい人に人気の大手証券会社ですね。

投信信託の扱い銘柄が多い印象です。なかでも多くのジェイリート商品があるので、分散投資にふさわしいと思いました。

SMBC日興證券で取引するなら、口座管理料や信用取引手数料が無料になるダイレクトコースがおすすめです。

代表的な取扱リート商品(公募投信)

  • 日興・AMPグローバルREITファンド…世界各国の不動産事業に同時に分散投資。比較的高い分配金利回りを安定的に獲得することを目指しています。
  • 三井住友・グローバル・リート・オープン 愛称:世界の大家さん…安定的かつ相対的に高い配当収益の確保を目指すために、賃貸事業収入比率の高い銘柄を中心に分散投資するリートです。

上場リートのインターネット取引 売買手数料

  • 200万円以下/810円
  • 200万円超~300万円以下/1,458円
  • 300万円超~400万円以下/1,944円
  • 400万円超~500万円以下/2,592円
  • 500万円超~1,000万円以下/4,212円

※現物取引で1取引の約定代金にかかる売買委託手数料(税抜)です。

三井住友フィナンシャルグループのSMBC日興証券ならではのメリットとは?

SMBC日興証券のサイト画像SMBC日興証券は三井住友フィナンシャルグループの一角を占める日本の3大証券のひとつです。設立が2009年と新しい会社ですが、元々は日興コーディアル証券であり、世界でもトップクラスの金融グループに所属して、成長を続けてきました。

大手だけあり、信頼性からも多くの顧客を獲得しています。取引には主に総合コースとオンライントレードを中心にしたダイレクトコースがあります。このダイレクトコースは、口座管理料や信用取引き手数料が無料になったり、コンビニのATMで資金を移動できるなど、メリットも多く人気があります。

取引手数料は他のネット証券と比べて高めですが、国内株式指数(日経平均、日経平均先物、TOPIX、出来高概算など)や銘柄検索機能、多数銘柄の株主優待情報、日興証券独自の株式レポートなど充実した分析・情報ツールを利用できるので、リート初心者にも使い勝手が良いでしょう。

会社概要

会社名 SMBC日興証券株式会社
本社所在地 東京都千代田区丸の内3-3-1
取扱商品 ●国内株式:現物取引、信用取引、IPO(新規公開株)、PO(公募売出株式)
●海外株式:米国株式、中国株式
●投資信託:ETF(上場投資信託)、ETN(上場投資証券)、REIT(不動産投資信託)、国内外投資信託、MMF
●債券:国内債券、海外債券

リートをはじめる人におすすめの証券会社BEST3

  • 第1位 安藤証券
  • 創業100年以上の歴史がある老舗証券会社。インターネット取引で業界屈指の格安手数料が魅力で、マーケット情報や投資に必要なツールが充実しています。投資初心者を対象にしたセミナーも豊富に実施しています。
  • 第2位 東海東京証券
  • 中部地方で独自の基盤を作り上げてきた証券会社。担当者からアドバイスが受けられるマルチサポート口座とコールセンター・オンライントレードに絞ったダイレクト口座を選んで取引できます。
  • 第3位 SBI証券
  • 投資商品数や情報量の豊富さから、多くの顧客が口座を開設する人気の高いネット証券会社。スマートフォンにも対応したトレーディングツールが利用者から評判です。
 
いまが旬の不動産投資信託・J-REIT早わかりサイト