• おすすめ証券会社総合ランキング
  • とにかく初心者におすすめのBEST3
  • ネット取引の手数料がお得BEST3
  • 実績豊富・歴史があり安心できるBEST3

その(3)リスクを知る

不動産投資信託(リート)を始めるにあたり、投資初心者や入門者が気をつけるべきリスクについてまとめてみました。

初心者・入門者向け:リート(不動産投資信託)のリスクとは

リートは株式売買などと同じくリターンとリスクがある金融商品です。初心者・入門者の人は、しっかりとリスクを把握してから始めるようにしましょう。

元本が保証されていない金融商品です

初心者向け:リート(不動産投資信託)のリスクとは不動産投資信託(リート)は、預金や債券とは異なり、元本(投資した金額)が保証されているわけではありません。証券市場に上場されているわけですから、価格は不動産市況や業績によって常に変動します。

元本割れ(投資した金額より価値が下がる)してしまうこともあるので、価格変動リスクのある金融商品だと理解しておきましょう。

分配金は必ずしも保証されていません

不動産投資信託(リート)は分配金の期待が大きいですが、主に不動産などからの収益を原資とする分配金は変動します。不動産賃貸市場や不動産の収益、金利環境などの影響を受け、分配金が減少したり支払われない可能性があります。
リートは分配金が保証された商品ではないことを念頭に置いておきましょう。

法律や税制がかわる可能性があります

不動産に関する法律や税制はたえず流動的です。投資家にとって不利な変化をもたらす改正になった場合、不動産や不動産投資信託の価格は影響を受け、結果、投資元本を割り込む(投資した金額より価値が下がる)可能性もあります。

地震や火災による建物価値の喪失

リートの収入源は、店舗やオフィス、住宅などからの「賃料収入」によるものです。
住宅からの賃料収入が収入源の場合は、景気変動の影響をあまり受けませんが、店舗やオフィスにおける収入源は影響を受けやすいです。

リスクがあるものとして挙げられるのは、予測不可能な地震や火災、洪水といった自然災害により、投資した不動産が影響を受けた場合。これにより、リートの価値が下落したり、分配金が減るといった事態も起こり得ます。
結果、住居の場合は入居者が居なくなったり、オフィスの場合は賃料が支払われなくなることもあります。

投資法人が倒産したり、上場廃止になる危険性

リートは不動産投資法人が資産を持っています。
住宅、オフィスから金額が支払われない「債務不履行」や財政悪化などが原因で法人が倒産した場合、スポンサー企業の信用が落ち、リート価格が影響を受けることもあります。
取引所が定める上場廃止基準に該当していれば、上場が廃止されるリスクがあります。

その(4)売買の仕方とは≫

投資の初心者や入門者にこそオススメしたい証券会社とは

そのほか、環境問題によって起こるリスクや、管理会社によって発生するリスクなどもあります。
リスクを回避させる最善の方法としては、まず自分がしっかりとした知識を身に付けること。

また、リスクではありませんが分配金を受取ったり、売却での譲渡益(資産の価格変動による利益)に税金が掛かることを知っておくと良いでしょう。

顧客対応が良く優秀なリート商品を扱っている証券会社で取り引きをするのがベストですよ。

この業界を長年取材してきた私が選ぶ、
初めてだからこそお勧めしたい証券会社BEST5はコチラ≫

リートをはじめる人におすすめの証券会社BEST3

  • 第1位 安藤証券
  • 創業100年以上の歴史がある老舗証券会社。インターネット取引で業界屈指の格安手数料が魅力で、マーケット情報や投資に必要なツールが充実しています。投資初心者を対象にしたセミナーも豊富に実施しています。
  • 第2位 東海東京証券
  • 中部地方で独自の基盤を作り上げてきた証券会社。担当者からアドバイスが受けられるマルチサポート口座とコールセンター・オンライントレードに絞ったダイレクト口座を選んで取引できます。
  • 第3位 SBI証券
  • 投資商品数や情報量の豊富さから、多くの顧客が口座を開設する人気の高いネット証券会社。スマートフォンにも対応したトレーディングツールが利用者から評判です。
 
いまが旬の不動産投資信託・J-REIT早わかりサイト