• おすすめ証券会社総合ランキング
  • とにかく初心者におすすめのBEST3
  • ネット取引の手数料がお得BEST3
  • 実績豊富・歴史があり安心できるBEST3

その(9)不動産の鑑定評価方法

不動産鑑定評価の方法とその重要性について紹介いたします。

不動産鑑定評価が必要な理由

不動産投資信託が、金融商品として定着したことによって、不動産の鑑定評価が多くの方に多大な影響を与えるようになりました。

適正な鑑定評価を行うため、証券化対象不動産は、不動産鑑定評価基準に基づき、不動産鑑定士により評価を受けることが義務付けられています。

不動産投資信託の鑑定評価を行う場面は、上場時、年2回の決済期などです。

これらにより提出された不動産鑑定評価書は、不動産の価格や賃料に対し、不動産鑑定士が意見を表したものといえます。

そのため、投資を行う際の重要な参考資料となっています。

不動産鑑定評価の行い方

不動産の鑑定評価は、不動産鑑定士が不動産鑑定評価基準に基づき行います。

この基準によると、不動産鑑定士は証券化対象不動産の物的・法的確認を確実かつ詳細に行うため実地調査を行い、関係者から権利関係や公法上の規制、有害物質、耐震性など、評価に必要な事項について聴聞などをおこない、確認を行うこととなっています。

また、鑑定評価にあたっては、不動産鑑定士が依頼者に対し、エンジニアリング・レポートの提出をもとめ、分析・判断したうえで鑑定評価に活用することになっています。

エンジニアリング・レポートの提出がない、あるいはその内容が不十分である場合は、不動産鑑定士が調査を行うなどして対応します。

不動産鑑定評価のチェックポイント

証券化対象不動産の収益価格は、DCF法(Discounted Cash Flow Method)により求められ、直接還元法により検証されることが一般的です。

不動産投資信託を始めたい方は、これらを活用しておおよその利回りを確認することができます。

そのため、不動産鑑定書ならびにその抜粋を確認する際に、最も重要なチェックポイントといわれています。

初心者の方は専門家のアドバイスに頼るか、こちらの内容を深く勉強するとよいかもしれません。

その(10)不動産ファンドの種類≫

リートをはじめる人におすすめの証券会社BEST3

  • 第1位 安藤証券
  • 創業100年以上の歴史がある老舗証券会社。インターネット取引で業界屈指の格安手数料が魅力で、マーケット情報や投資に必要なツールが充実しています。投資初心者を対象にしたセミナーも豊富に実施しています。
  • 第2位 東海東京証券
  • 中部地方で独自の基盤を作り上げてきた証券会社。担当者からアドバイスが受けられるマルチサポート口座とコールセンター・オンライントレードに絞ったダイレクト口座を選んで取引できます。
  • 第3位 SBI証券
  • 投資商品数や情報量の豊富さから、多くの顧客が口座を開設する人気の高いネット証券会社。スマートフォンにも対応したトレーディングツールが利用者から評判です。
 
いまが旬の不動産投資信託・J-REIT早わかりサイト