• おすすめ証券会社総合ランキング
  • とにかく初心者におすすめのBEST3
  • ネット取引の手数料がお得BEST3
  • 実績豊富・歴史があり安心できるBEST3

その(6)今後の見通し

政府の動きや世界的イベントの開催により、経済環境に今後の見通しが期待できる材料が出始めてきました。最新のニュースソースを交えながら今後のJリートや不動産投資信託の行方を探ってみました。

Jリートの投資トレンド・見通しとは…

Jリートの投資トレンド・見通しとは…

2014年に大胆な金融緩和政策が打ち出されました。景気回復傾向を受けて、経済は再び拡大期へ。金融市場においても右肩上がりの様相を示しています。

いまのところ、インフレ率が2%になるまで量的金融緩和政策が続けられる見通しです。そのため、金利上昇も抑制されることでしょう。ということは、負債ビジネスともいえる不動産投資はまさに追い風が吹いているといえるでしょう。事実、Jリートの投資法人も低コストでの維持が期待され新規不動産取得にも積極的な動きを見せています。

これは不動産価格が上昇する前に、値ごろ感ある価格で新規不動産を手に入れておきたいという思惑からの動きと思われます。それを裏付けるさらなる追い風が、2020年に開催が決定された東京オリンピックです。

 

オリンピック開催でJ-REITはますます見逃せない投信へ

オリンピック開催でJ-REITはますます見逃せない投信へオリンピック開催による経済波及効果は2兆円規模が予測されます。そしてJリートにとっての明るい展望は、過去開催した国々の不動産価格の上昇は既定路線になっているということです。

オフィスビルやホテル関連に投資を行なっているJリートは、今後値動きが期待できる銘柄としてチェックしておくべきでしょう。

日銀によるJリート買い入れが2014年まで延長されたことも大きいですね。2013年12月末での買入見通しは1,400億円のため、2014年にはさらに300億円規模での買い入れが予想されています。

こうした日銀による下支えと政府による景気拡大政策、金融緩和が相まって、Jリートはこれからの投資相場において有望です。他の投資商品と比べてみても、有利な展開をしていくと私はみています。

その(7)NISAの活用≫

リートをはじめる人におすすめの証券会社BEST3

  • 第1位 安藤証券
  • 創業100年以上の歴史がある老舗証券会社。インターネット取引で業界屈指の格安手数料が魅力で、マーケット情報や投資に必要なツールが充実しています。投資初心者を対象にしたセミナーも豊富に実施しています。
  • 第2位 東海東京証券
  • 中部地方で独自の基盤を作り上げてきた証券会社。担当者からアドバイスが受けられるマルチサポート口座とコールセンター・オンライントレードに絞ったダイレクト口座を選んで取引できます。
  • 第3位 SBI証券
  • 投資商品数や情報量の豊富さから、多くの顧客が口座を開設する人気の高いネット証券会社。スマートフォンにも対応したトレーディングツールが利用者から評判です。
 
いまが旬の不動産投資信託・J-REIT早わかりサイト