• おすすめ証券会社総合ランキング
  • とにかく初心者におすすめのBEST3
  • ネット取引の手数料がお得BEST3
  • 実績豊富・歴史があり安心できるBEST3

その(12)不動産投資とREITの違い

不動産投資とREITの違いやそれぞれのメリット・デメリットを比較しています。

不動産投資とREITの違い

不動産投資とは、不動産そのものに対してお金を投資することです。一方REITは、不動産投資をしている会社に対して、お金を投資すること。

大きく言えば、不動産への投資に回り道をするかしないかの違いです。しかしこの違いによって、投資のメリットとデメリットは大きく異なります。

以下に不動産投資とREIT、それぞれのメリット・デメリットをまとめました。

不動産投資のメリットとデメリット

以下、不動産投資のメリットとデメリットです。

不動産投資のメリット

  • レバレッジが高い
    レバレッジを和訳すると「てこ」という意味です。
    ここでの「レバレッジ」というのは、「てこ」の原理である、小さな力で数倍もの大きなものを動かす物理現象と同じように、自己資金の数倍もの金額で投資ができるということ。つまり、レバレッジが高ければ高いほど、自己資金は倍になります。
  • 節税になる
    給与所得との損益通算から、大幅な節税で利益を得られるチャンスがあります。

不動産投資のデメリット

  • ハイリスクである
    不動産投資にはレバレッジが効きます。
    しかしその分、自己資金の10倍のお金で運用した場合、10倍の利益の可能性もある一方で、同じように10倍の損失をする可能性もあります。
  • 専門知識の必要性
    不動産というのは、各地域に詳しい方や専門家だけが知っている情報が多いので、素人には難しいことが多いです。
  • 不動産価格の変動リスク
    不動産は常に価格が変動しています。自然災害などの影響も受けやすいので、常に想定外の不動産リスクと隣り合せになります。

REITのメリットとデメリット

以下、REITのメリットとデメリットです。

REITのメリット

  • 少額資金で投資に参戦できる
    数千万円、数億円を動かす不動産投資にと違い、REITは10万円などの小口で購入することができます。
  • 不動産投資に比べて安全性が高い
    レバレッジも信用取引で3倍程度が限界なため、リスクも限られたものになります。
  • 実際の運用はプロに任せられる
    運用は投資法人が行うので、詳しい知識は必要ありません。
  • 流動性が高い
    売りたいときには市場を通じていつでも売れますし、不測の事態が生じたときには、一旦資金を撤退させることも可能です。

REITのデメリット

  • 不動産価格変動リスク
    不動産投資と同じく、価格変動のリスクがあります。
    しかしこのリスクに直面しても、REITなら市場を通じてすぐに捌くことが可能なので、大きな被害を受けることはありません。

以上のように、不動産投資に比べてREITの方が、多くの方が気軽にできます。不動産への投資に関心がある場合には、まずはREITから始めてみると良いでしょう。

リートをはじめる人におすすめの証券会社BEST3

  • 第1位 安藤証券
  • 創業100年以上の歴史がある老舗証券会社。インターネット取引で業界屈指の格安手数料が魅力で、マーケット情報や投資に必要なツールが充実しています。投資初心者を対象にしたセミナーも豊富に実施しています。
  • 第2位 東海東京証券
  • 中部地方で独自の基盤を作り上げてきた証券会社。担当者からアドバイスが受けられるマルチサポート口座とコールセンター・オンライントレードに絞ったダイレクト口座を選んで取引できます。
  • 第3位 SBI証券
  • 投資商品数や情報量の豊富さから、多くの顧客が口座を開設する人気の高いネット証券会社。スマートフォンにも対応したトレーディングツールが利用者から評判です。
 
いまが旬の不動産投資信託・J-REIT早わかりサイト