• おすすめ証券会社総合ランキング
  • とにかく初心者におすすめのBEST3
  • ネット取引の手数料がお得BEST3
  • 実績豊富・歴史があり安心できるBEST3

銘柄の選び方

はじめてREIT(リート)をする方に向けて、銘柄の選び方や投資の考え方を解説します。

REIT(リート)の選び方

REITの銘柄選びをする際に最も重視すべき点は、株式投資と同じように「自分が興味を持てる銘柄かどうか」という点です。

不動産投資信託と一口に言っても、不動産には多くの種類があります。マンション、商業施設、レジャー施設、オフィスビル、ホテルなどなど。

投資先により必要な知識が異なるので、ある程度はその分野を知る必要があります。

たとえば、マンションよりも商業施設(ショッピングモールなど)のほうが、景気の動きをダイレクトに反映しやすいです。

なので、景気そのものの動きを予測できるような知識が必要になります。

まずは銘柄の投資先を調べよう

リート初心者は、まず銘柄が何に投資をしている法人なのかを研究してみるところからスタートしましょう。

そのうえで、自分が興味を持てる不動産分野へ投資している銘柄をピックアップし、選んでいくと良いです。

REITの銘柄は、株式と違ってそれほど多くないので、すべての銘柄を調べることも可能ですが、当サイトでもおすすめの銘柄をいくつか紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

銘柄が決まらない人におすすめの楽しみ方

リートの銘柄を調べたものの、どれもピンと来なかった方は、まずREIT不ぁンドに投資をするのもおすすめ。

REITファンドとは、複数のREITに投資をする投資信託のことです。

運用はプロが行いますので、投資家があれこれ頭を悩ませる必要もありません。最低1万円からの投資でスタートできます。

またREITファンドを保有すると、定期的に運用担当者のレポートを確認することができます。

運用レポートを見ると、プロが何に着目してREIT選びをしているのか、よく分かるので、勉強にもなります。

初心者におすすめの楽しみ方

REITの銘柄によって決算月はバラバラです。毎月どこかのREITが決算を迎えています。

こうした特徴を活かして、1月~12月すべての月に分配金がおりるよう分散投資をするのです。

最低6銘柄に投資をすれば、毎月分配金がおりるように設定できます。(例:年2回分配金×6銘柄=12回配当)

こうすると、まるで会社から給与がおりるかのように、月々どこかのREITから銀行口座へ入金があります。

これはREITが始まった当初から人気の投資法なので、リート初心者で、銘柄が決まらない方はこういった楽しみ方をするのも良いでしょう。

リートをはじめる人におすすめの証券会社BEST3

  • 第1位 安藤証券
  • 創業100年以上の歴史がある老舗証券会社。インターネット取引で業界屈指の格安手数料が魅力で、マーケット情報や投資に必要なツールが充実しています。投資初心者を対象にしたセミナーも豊富に実施しています。
  • 第2位 東海東京証券
  • 中部地方で独自の基盤を作り上げてきた証券会社。担当者からアドバイスが受けられるマルチサポート口座とコールセンター・オンライントレードに絞ったダイレクト口座を選んで取引できます。
  • 第3位 SBI証券
  • 投資商品数や情報量の豊富さから、多くの顧客が口座を開設する人気の高いネット証券会社。スマートフォンにも対応したトレーディングツールが利用者から評判です。
 
いまが旬の不動産投資信託・J-REIT早わかりサイト