いまが旬の不動産投資信託・J-REIT早わかりサイト

  • おすすめ証券会社総合ランキング
  • とにかく初心者におすすめのBEST3
  • ネット取引の手数料がお得BEST3
  • 実績豊富・歴史があり安心できるBEST3

いま最も注目される不動産投資信託(リート)とは

いま最も注目される不動産投資信託とは不動産投資信託とは、個人ではなかなか所有できないビルやマンションなどの不動産を証券化して、小口所有する権利を購入することです。

証券会社が投資家から集めた資金で不動産を購入し、その賃料や売却益などを分配するまでが一連の流れとなります。

なお、不動産投資信託は別名「Real Estate Investment Trust」と言い、REIT(リート)と略称して呼びます。

[不動産投資信託の仕組み概略図]
不動産投資信託の仕組みイメージ図

 

不動産投資信託を支持する投資家が多い理由

リートは、予想利回りとして2~4%程度の安定した配当が期待できます(株式投資は平均2~3%)。さらに、数万円という少額資金でも始められるといったメリットもあり、これもリート人気を形成する要因のひとつといえるでしょう。

その他の特徴は次のようなものが挙げられます。

安定した分配金 株式と比較して、高い分配金を得ることができるのが特徴。これは、投資法人(証券会社)の収益の90%以上を投資家に配当するなど、一定要件を満たせば投資法人には法人税がかからないからです。
分散投資が可能 不動産投資信託では、複数の不動産に投資していたり、投資法人によっては対象資産の用途・地域が多岐にわたります。そのため、理想的な分散投資によりリスクが軽減されます。
高い換金性 証券市場に上場しているため簡単に取引できます。(不動産の売買では、売りたい時にすぐ売ることができない場合が多い)
イフレヘッジとして有効 インフレに強い資産は不動産・株式・金。逆に弱いのは銀行預金や現金です。投資ポートフォリオにリートを組み込むことで、効果的なインフレ対策にもなります。
透明性のある投資方法 不動産の稼働状況や収支状況は常に開示されています。そして、投資家は資産運用会社がリポートした目論見書などで投資実績を知ることができます。情報開示が法律で義務づけられているため、透明性が高くなっています。
投資のプロが運用 投資する不動産の選定や長期的な収益分析は、運用会社のファンドマネージャーがやります。そのため、リートを始めるにあたり難しい知識は必要ありません

この不動産投資信託を始めるにあたり、強い味方となるのが窓口となる証券会社です。

これから始める人におすすめしたい証券会社とは

不動産投資信託を支持する投資家が多い理由今回、リートを始めてみたい人のために、様々な証券会社をリサーチしました。内容としては、取り扱っている商品や手数料をはじめ、取引形態、セミナー開催状況などです。

調べた情報をもとに、おすすめ度が高く評判の良い会社をランキングにまとめましたので、ぜひチェックしてみてください。

私が勧める証券会社総合ランキング

サイトの内容をとおして、あなたのポートフォリオに不動産投資信託(リート)が加わることを願っています。

リートは金融商品ですから、もちろんリスクもあります。例えば、投資先の不動産が空室になり投資法人の家賃収入が減少する、自然災害の影響を受ける、法律・税制変更のリスク…など。リートへの投資は、リスクも十分に理解したうえでやることが大切です。証券会社のリサーチ結果をはじめ、掲載している情報はわたしが独自に調査したものなので、確定情報は各社に問い合わせることを強くお勧めします。

いますぐリート(REIT)が始められる!一からわかる不動産投資信託

初心者のための不動産投資信託入門ガイド
たった12ステップで一から理解できる、不動産投資信託がはじめてという方のためのリート入門ナビをご紹介します。
その(1)不動産投資信託とは
そもそもリートとはどういった投資となるのか。投資法人との関係性やその仕組み、種類、誕生した背景などを解説します。
その(2)投資信託の魅力
不動産投資信託がなぜ投資の入門者・初心者に適しているといわれているのか?数多くあるリートのメリットから紐解きます。
その(3)リスクを知る
どんな投資にもリスクは付き物。リートに至ってはどのようなリスクが考えられるのか、しっかりとした認識を持ちましょう。
その(4)売買の仕方とは
売買において見られる分かりにくい専門用語も詳しく解説。具体的な売買方法や株との違いを探ります。
その(5)分配金利回りの考え方
具体的な利回り金の計算方法や、高配当・高利回りの不動産投資信託における注意点をご紹介します。
その(6)今後の見通し
景気回復傾向や東京オリンピックといった時事的な話題も絡め、今後のリートの見通しを追います。
その(7)NISAの活用
日本版の証券優遇税制であるNISA。始め方や不動産投資信託との相性をチェックしましょう。
その(8)コスト・税金
証券会社に支払う手数料や、分配金の受け取りに必要となる税金など、リートにかかるコストを考えます。
その(9)不動産の鑑定評価方法
証券化の対象となる不動産は、不動産鑑定評価が義務付けられています。鑑定評価の方法やチェックポイントを確認しましょう。
その(10)不動産ファンドの種類
不動産投資信託を理解するうえで、不動産ファンドの種類を知る必要があります。投資対象となる不動産について解説します。
その(11)情報収集の仕方
リートにおいて、不動産の情報収集は欠かせません。インターネットが普及した現在におけるベストな情報収集方法とは?
その(12)不動産投資とREITの違い
混同してしまいがちな「不動産投資」と「リート」。メリットとデメリットを比較し、その違いを見てみましょう。
J-REIT(ジェイリート)の銘柄一覧
上場J-REITの主要な銘柄をピックアップ。決算期や運用資産の傾向を比較し、ご自身の投資に役立ててください。
銘柄の選び方
銘柄を決められない方や初心者の方に向け、最適なリートの銘柄選びをご紹介します。
Jリートの種類と特徴
「単一用途型(特化型)」「複合用途型(複合型)」と大きく分けられるJリート。それぞれの種類と特徴をまとめました。
NAV倍率とは
「Net Asset Value=総資産価値」の略称であるNAV。その倍率とは?計算式と見方を確認しましょう。
FFO倍率
NAV倍率と似た性質を持つFFO倍率。どのようにして銘柄選びに活かすべきか、分かりやすく解説します
ROE・ROA・借入率とは
リートの銘柄選びにおいて大きな指標となる「ROE」「ROA」「借入率」の見方や計算式をまとめました
不動産投資信託がはじめられる証券会社を比較
数ある証券会社の中から「サービスの特徴」「リート(公募投信)」「手数料」「評判」を比較し、5社をピックアップしました
とにかく初心者におすすめのBEST3
敷居が高いイメージのある証券会社。投資信託がはじめてという方でも安心して相談できる3社を、厳選してご紹介します。
ネット取引の手数料がお得BEST3
取引手数料が安い傾向にあるネット取引。中でも、サポート体制や会社の信用度の高い3社を比較しました。
実績豊富・歴史があり安心できるBEST3
創業から長い歴史のある証券会社は、確実な実績と信頼の証です。各証券会社の特徴をチェックし、証券会社選びの参考にしましょう
イチオシの証券会社を紹介!不動産投資信託(リート)ならココ
リートを始められる10社の証券会社をリストアップ。リート商品やサービスにおける評判・手数料などを確認して、証券会社を選ぶポイントをおさえましょう。
安藤証券
創業100年以上の歴史ある安藤証券。多くの投資家から長年支持を集めてきた理由とは?
SMBC日興証券
三井住友ファイナンシャルグループならではのメリットを持つ、SMBC日興証券の特徴をご紹介。
SBI証券
ネット証券のなかでも、口座開設トップクラスのシェアを誇ります。
東海東京証券
豊富な投資商品とサービス、また女性の投資家の取り込みにも積極的な証券会社です。
野村證券
日本を代表する大手証券会社の野村證券。大手だからこそ可能なサービス内容をご紹介します。
松井証券
日本で初めてネット取引を開始し、手数料無料サービスをはじめさまざまなユニークなサービスを展開しています。
マネックス証券
手数料の安さと豊富な情報・分析ツールが、投資家の間で話題となっています。
丸八証券
地域密着型の証券会社として長い歴史を持ち、シンプルな料金体系も評判です。
ゆたか証券
東海を中心に展開するゆたか証券。豊富な銘柄を取り扱い、プロのアドバイスも受けられるため初心者でも安心です。
楽天証券
その知名度からも、現在ネット証券の大手となった楽天証券。知名度にとどまらない証券会社としての実力を調べました。
J-REIT(日本リート)がわかる用語集
株やFXなどに比べ、難しいワードが多いといわれる不動産投資信託・リート。頻繁に使われる用語を集め、分かりやすく解説します。

リートをはじめる人におすすめの証券会社BEST3

  • 第1位 安藤証券
  • 創業100年以上の歴史がある老舗証券会社。インターネット取引で業界屈指の格安手数料が魅力で、マーケット情報や投資に必要なツールが充実しています。投資初心者を対象にしたセミナーも豊富に実施しています。
  • 第2位 東海東京証券
  • 中部地方で独自の基盤を作り上げてきた証券会社。担当者からアドバイスが受けられるマルチサポート口座とコールセンター・オンライントレードに絞ったダイレクト口座を選んで取引できます。
  • 第3位 SBI証券
  • 投資商品数や情報量の豊富さから、多くの顧客が口座を開設する人気の高いネット証券会社。スマートフォンにも対応したトレーディングツールが利用者から評判です。
 
いまが旬の不動産投資信託・J-REIT早わかりサイト